サイトのタイトル「回顧録(かいころく)」


回顧録(かいころく) >  共依存 > 

第8話 妹と僕の共依存“私が死んでもいいのか”


 妹がリストカットを覚えたのは高校生の時だった。
 身内がリストカットした時、最初の対応が明暗を分ける。ただその時には、そのことに誰も気付かなかった。お父さんは、カミソリを自分の腕に当てて血を流している娘に、ただただ泣くしかなくて「もうこんなことはやめてくれ」と必死に頼んでいた。

 妹は気付いてしまった“私が死んでもいいのか”と言う態度で、自分自身にカミソリや包丁を突き付ければ、“誰でも言うことをきく”と言うことに。

 それから妹は、なにかというとリストカットして見せた。誰もが妹の言い成りになった。確かにそうだ“私が死んでもいいのか”という態度をとる相手に「死んでいいですよ」と言える人はなかなか居ない。誰もが平伏す様に言い成りになるのだ。こう言う感覚のことを“脳の報酬系”とか“共依存”とかと言うことを僕が知ったのは、それから何年も経ってからである。妹は“私が死んでもいいのか”という態度をとることで、他人を従わせる方法を覚えてしまった。

 妹は、福島君との離婚の話し合いを僕に頼んで来た。僕は、“一見幸せそうに見える家庭”を壊したくないから、それを断った。妹は、僕に対して“私が死んでもいいのか”のパフォーマンスをした。今度はマンションの10階の階段の踊り場から身を乗り出し“飛び降りる”と言うのだ。僕は「わかった」と従った。数日の間に、僕は福島君と会い、離婚を成立させた。今、思えば、“なぜ子供のことを考えなかったのだろう”と悔やむことである。でも“私が死んでもいいのか”パフォーマンスに勝てる人間は居ないと、当時は思っていた。

 二人の子供は、福島家に強制的に引き取られた。



戻る 共依存



最近の話題

なべさん詐欺
お酒を飲まないと、一日が長く感じる
東京の水道水を飲むには電気ケトルが便利です
AAや断酒会には行けません
予定や日記は書くな!情報だけを書け!
いっそのこと入院したい
シアナマイド命の薬
ワイアレスイヤフォンを使っている人は傷害保険に入った方が良い
シアナマイドの効果時間は36時間 成功例
シアナマイドの効果時間は36時間 失敗例




© 2021 Inner Space Co., Ltd.