サイトのタイトル「回顧録(かいころく)」


回顧録(かいころく) >  共依存 > 

最終話 おかえり。共依存。ただいま。共依存。


 家族の話を一通り金井さんに話し終わった。

 「血の繋がった家族なんだから、連絡を取るべきです」金井さんは僕に言った。「17年も前の話ですよ。いまさら」僕は返事を濁した。そう、家族と連絡をとる用の携帯電話の電源をOFFにしてから17年も経っていた。
 その間に、僕はアルコール依存症になってしまい、仕事もクビになり、生活保護を受けて暮らしていた。S病院に入院しているのもアルコールの解毒の為だった。
 いまさら連絡を取っても、今の僕に何が出来るであろう。少ない生活保護費で暮らしている僕にとって、いまさら妹の前に出て行って何が出来るかと自問自答していた。お金が無いのである。あの頃の様に「今から死にます」なんて連絡が来ても、駆け付ける交通費も無い。いまさらなのだ。いまさらなのだ。いまさら妹の前に出て行っても何も出来ない。
 「それ、逃げてるだけですよ。お金が無いから家族を愛せないなんて言い訳です。」金井さんに怒られた。

 実は、3年前、運転免許の更新で運転免許センターに行ったとき、僕に捜索願が出されていることを知った。捜索願を出した主は妹だった。僕は警察官に事情を説明して、妹夫婦の娘が成人するまで待ってほしい(見つからなかったことにして欲しい)と頼み、その願いは受け入れられた。その当時、妹夫婦の娘は高校生ぐらいだと思ったので、僕が出て行って、また“離婚”の調停役になるのを避けたかったのである。5年後の運転免許更新の時に、再度“会うか”or“会いたくないと伝えるか”を選ぶように言われた。

 金井さんの看護実習の期間が終わった。別れの時に「必ず妹さんに連絡をとってください。」と念押しされた。
 数日後、僕のアルコールの解毒も終わり、僕もS病院を退院した。

 「必ず妹さんに連絡をとってください。」金井さんの言葉が耳から離れなかった。僕は17年前、確かに妹を愛していた。愛していたからこそ妹の前から姿を消したのだ。
 どうせ2年後の運転免許の更新の時には、捜索願に結果を出さなくてはならない。なぜかその時、“それはそれで、その時考えればいいや”とは思わなかった。“今決着を付けなければならない”そんな脅迫心が僕を襲った。“いま決着を付けなければならない”なぜだろう。僕は妹に会いたかったのだと思う。だから“今決めなくてはならい”と強く思ったのだ。

 僕はまずプリペイド携帯電話を買った。妹との連絡専用とする為だ。前の経験でわかっていたのだ。連絡先は別にして住所は教えない。それが一番良い選択だと思った。
 僕は、覚悟を決めて家の近くの警察署に駆け込んだ。事情を説明して妹に連絡をとってもらった。“妹には住所は教えないで欲しい。電話番号だけ連絡してください”そうお願いした。その場では連絡が付かず、後日、電話番号だけ妹に連絡してもらうことになり、その日は帰った。
 次の日も、その次の日もプリペイド携帯は鳴らなかった。
 5日後の日曜日、家のピンポンが鳴った。ドアを開けると、右手にカミソリを持ち、左手首から血を流した妹が立っていた。

 “なんかとても楽しい。なんかとても嬉しい。”なにかの曲の歌詞が僕の頭の中を回っていた。

-終-



戻る 共依存



最近の話題

なべさん詐欺
お酒を飲まないと、一日が長く感じる
東京の水道水を飲むには電気ケトルが便利です
AAや断酒会には行けません
予定や日記は書くな!情報だけを書け!
いっそのこと入院したい
シアナマイド命の薬
ワイアレスイヤフォンを使っている人は傷害保険に入った方が良い
シアナマイドの効果時間は36時間 成功例
シアナマイドの効果時間は36時間 失敗例




© 2021 Inner Space Co., Ltd.