サイトのタイトル「回顧録(かいころく)」


回顧録(かいころく) >  都市伝説 > 

コエンザイムQ10ってなに?若返るの?


 僕が“コエンザイムQ10”に出会ったのは今から20年くらい前のことです。行きつけの薬局があり、僕はそこの薬剤師さんを信用していました。いわゆる“町の薬局”です。個人経営なのだと思います。レジには毎日同じ薬剤師のオバちゃんが居ました。栄養ドリンクなどを買う時には、症状などをその薬剤師のオバちゃんに説明すると「じゃあ。ハイこれ。」って感じで紹介してもらっていました。

 ある日、いつもの様に「最近疲れやすいんだけど、なにかイイ薬ありますか?」と尋ねると、「じゃあ、これ。だまされたと思って飲んでみな!」と言って出されたのが“コエンザイムQ10”でした。聞いたこともないし“なんじゃこれ?”って感じでした。しかも当時の値段ですが、1ヶ月分1瓶6000円でした。“えっ?6000円?”だまされたと思うには程があると思いました。ただ、メーカーが“ファンケル”だったこと、そして、そのオバちゃんへの信頼から、“だまされたと思って買っちゃえ!”と思って買いました。
 飲んでみると元気が出ました。何故かはわかりません。と言うか、それが何故か?はその半年後にテレビ番組で見て知りました。ただその時は、自分の中にある“ファンケル”と言うメーカーの信頼度が強かったのだと思います。僕には妹が居るのですが、その妹が“ファンケル”の化粧品を使っていたからだと思います。ファンケルの凄さは妹から十分に聞かされていたからです。

ファンケル コエンザイムQ10



コエンザイムQ10とは歳をとらないサプリメント

これは20年も前にテレビ番組で見た内容なので微妙な情報です。

 “コエンザイムQ10”とは人間が成長するのに不可欠なビタミンの様な物らしいです。ただ正確には体内で合成される物質なので、ビタミンの部類には含まれない様です。人間は生まれてきてから、段々に成長して、そして成人すると老いが始まります。この成長の時期に体内で活発に生成されるのが“コエンザイムQ10”です。自分が成長するのに必要な物質を自分の体内で合成しているのです。
 そこで、“老い”とは何か?と言うメカニズムの話になります。女性の23歳のことを“お肌の曲がり角”と言うのをご存じでしょうか?女性は23歳を過ぎると、急に老いると言うのです。これこそが、人間の成長に必要な要素“コエンザイムQ10”の体内での合成量が減っている証拠だと言うのです。
 人間は23歳まで、活発に成長します。背も伸びるし、お肌もツルツルです。元気です。これが成長期です。ただ残念なことにそれは23歳くらいで終わります。その後は成長することが無く、老いるだけなのです。それは逆説になるのですが“23歳を過ぎると体内でのコエンザイムQ10の合成量が減るから”と言う結論に達します。

 全て“逆説”なのです。老いの原因が体内でのコエンザイムQ10の合成量不測のせいだとしましょう。だったら外から補えば良いと言う結論になります。人間が現在の身体を持続するのに必要なコエンザイムQ10の量は1日60mgと言うことです。これをサプリメントで補ってやれば、人間は老いないと言うことになります。

 僕は今50歳です。初めて会う人に歳を聞かれた時に、「何歳に見えます?」と聞く様にしています。皆が皆「30代?」と言います。お世辞でしょうね?でも僕には30代に見える自信が有ります。なぜなら30歳の時から“コエンザイムQ10”を飲んでいるからです。自分でもバカげていると思いますが、自分で自分の顔を鏡で見ると“全然50歳じゃない。本当に30歳だ”と思います。

コエンザイムQ10は若返りのサプリメントではありません

 正直なところコエンザイムQ10を飲み続ける行動(行為)には無理があります。人間わざでは無理なのです。なぜでしょうか?“人間は即効性があるものしか信じない”からです。もしも“コエンザイムQ10”を飲んだ瞬間に“ミヨ~ンミヨ~ン♪”と音が鳴って10歳若返るとしましょう。そうしたら誰もがみんな“コエンザイムQ10”を飲むハズです。でもそんなことはありません。コエンザイムQ10の効果は“現状維持”であって“若返る”わけでは無いのです。“現状維持”って微妙じゃないですか?だって“何も変わらない”と言うことです。そんなものにわざわざ金を払うバカはいません!!だから“コエンザイムQ10”って“都市伝説”なのです。実際に飲んでいる人が居ないわけですから“都市伝説”で仕方が無いのです。

 でも僕は、その薬局のオバちゃんに“コエンザイムQ10”を薦められて良かったと思っています。ただ本当に“コエンザイムQ10”って“都市伝説”ですよね。20年経たないとその効果が分からない。そんなサプリメントってどうなのよ?とも思います。僕はこれからもコエンザイムQ10を飲み続けようと思っています。

最近は結構安いコエンザイムQ10

 僕は今でも“ファンケル”のコエンザイムQ10を飲んでいますが、他のメーカーから安いものも出ています。どうなのかは分かりませんが成分は同じかもしれません。“お手軽に試してみれば!?”と多少バカにした気分で紹介してみます。なぜなら“20年飲み続ける気があるなら飲んでみれば”と思っているからです。

DHC コエンザイムQ10



ディアナチュラ コエンザイムQ10



 しつこい様ですが、“飲んだら若返る”と言うものではありません。あくまで“現状維持”です。絶対に続かないでしょうね!“効果が分からないサプリメント”そんなの買う人が居るとは思えません。

本気で若返る美容液も有る

 本気で若返る美容液も有ります。即効性を求める方(この世界の人全員 ← 笑うところです)にお薦めです。





戻る 都市伝説



最近の話題

なべさん詐欺
お酒を飲まないと、一日が長く感じる
東京の水道水を飲むには電気ケトルが便利です
AAや断酒会には行けません
予定や日記は書くな!情報だけを書け!
いっそのこと入院したい
シアナマイド命の薬
ワイアレスイヤフォンを使っている人は傷害保険に入った方が良い
シアナマイドの効果時間は36時間 成功例
シアナマイドの効果時間は36時間 失敗例




© 2021 Inner Space Co., Ltd.